スマートフォンの過程

従来のキーボードと液晶画面が一体化した携帯電話「ガラパゴスケータイ」から、大幅な進化を遂げたのがスマートフォンと呼ばれる形。ボタンが排されて全面がタッチパネルを兼ねた液晶画面によって構築され、タッチですべての操作をするという斬新な形が取られました。できることの幅が増え、最初にインストールされているアプリの他にも、ユーザーが自由に好きなアプリをダウンロードして自由な使い方ができるという方針は、ユーザーによって千差万別の使い方ができる生活必需品となっています。携帯電話の頃にあった電話やメールといった連絡機能の他にも、ラジオやテレビ、ブラウジング機能、ゲームなど、多種多様な活用方法が存在しています。

世界で初めてのスマートフォンとして認知された初代iPhone端末が発売されたのは、2007年のことです。当時のiPhoneにはまだムービー撮影機能がない、GPS機能がないなど、現在の最新機種と比べるとできないことの多さが目立ちます。apple社を追いかけるようにしてGoogle社からもスマートフォン端末のandroidが開発され、現在ではandroidとiPhoneの2種類がスマートフォンとして主に流通しています。それぞれの違いはあるものの、どちらもバッテリー容量が増えたり対応できるアプリの種類が増えたりと、様々な側面での進化を見せています。ユーザーの求める便利性に応えるように進化を遂げてきたスマートフォンが今後どのような進化を遂げていくのか、いくつかの予測もたてられています。

Copyright ©今後どうなる?スマートフォンの種類と進化で考えられる可能性, All rights reserved.