仮想現実の進化

近年のスマートフォンアプリによく用いられている「VR」は、「バーチャルリアリティ」を示す言葉。仮想現実とは、現実には存在しない仮想上の世界をリアルに体験できるための技術のことです。発売されたばかりのスマートフォンではプレイできるゲームも限られていましたが、近年ではこのVR技術に対応したゲームアプリが数多くリリースされています。例えばインターネット上にCGや360°の空間で作られた環境が整えられており、その中で自分のアバターを自由に動かせるアプリなどが該当します。VRカメラなどをスマートフォンと連動させることによって、本当に自分の目の前に仮想空間が広がります。

こうしたVR技術はゲームだけではなく、実習の必要なスキルの習得などにも活用されています。VRゴーグルを使用すれば、仮想世界で自由な過ごし方を楽しんだり、アバターを作ってネット上の多くの人と過ごしたりといった楽しみが増えるでしょう。VR上で車を運転したり、楽器を演奏したりといった技術的なスキルを身につけられる可能性も考えられます。現在はオンラインのビデオ通話などが普及していますが、VR空間での交流が主流になる時代が訪れるかもしれません。

Copyright ©今後どうなる?スマートフォンの種類と進化で考えられる可能性, All rights reserved.